在宅介護相談薬局

(1)介護保険制度

まもなく訪れる21世紀の我が国の高齢化社会の進展により、寝たきりや痴呆などにより、介護を必要とする人口は確実に増加していくと言われています。また、その介護を必要とする期間が長期化したり、介護をする立場の家族の高齢化や心労を考えると、家族などによる介護のみでは、充分な対応が出来ない状態を生じる事が懸念されます。
この「在宅介護」の問題は、将来の生活を考える中で非常に不安な要因とも言えましょう。

そんな中で、2000年4月より、「介護保険制度」がスタートしました。
これは、万一介護を必要とする状態になっても自立した生活が保たれるように、介護そのものを社会全体で公平に支えていく仕組みです。
これにより、今まで、縦割りといわれた医療と福祉が基本的に一本化され、介護サービスが総合的に利用できるようになりました。

#介護保険による介護サービスを受けるまでの流れ

 

○介護保険に加入するのは40歳以上の方です。
 定められた保険料を支払い、サービスを利用する場合は1割の自己負担が生じます。
 (65歳以上の保険者には、平成12,13年度は保険料の軽減措置が実施されています)

第1号保険者(65歳以上の方)
常に介護を必要とする状態(要介護)や日常生活に支援が必要な状態(要支援)になった場合サービスが受けられます。

第2号保険者(40歳から64歳までの方)
初老期の痴呆、脳血管疾患など老化が原因とされる病気により要介護または要支援状態になった場合にサービスが受けられます。

介護支援専門員(ケアマネージャー)
要介護認定を受けた方がどのようなサービスが必要か一緒に検討し、その計画を作成して、在宅サービス事業者や介護保険施設などとの連絡調整を行ってくれます。
介護支援専門員は、実務研修受講試験に合格後、実務研修を修了した専門家です。
(介護サービスの計画作成には利用者負担はありません)

★以下のページには、介護保険について詳しい情報が掲載されています。

・厚生労働省…介護保険関連の代表機関。法令をはじめ最新情報などがわかります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/index.html

・彩の国さいたま介護ネット…埼玉県の介護関連情報が満載されています
http://www.pref.saitama.jp/A03/BD00/

・WAM NET(社会福祉医療事業団)…介護関連施設をはじめ様々な詳細情報がわかります
http://www.wam.go.jp/

(2)薬剤師と在宅介護

私たち薬剤師は、より身近なところで、在宅介護に関わっています。
例えば、薬局店頭でのお薬などの相談や介護用品の説明や販売などがあります。
寝たきりの方の自宅や介護施設などを訪問して、医師の処方せんを元に調剤したお薬を届けたり、お薬の服用方法や管理方法をはじめ日常生活における注意点などをアドバイスしながら、医師はもちろん介護に携わる方々と連携を取ってより良い医療の実現が出来るように心がけております。
私たち薬剤師の中には、介護支援専門員の資格を持った人もたくさんおります。
また、街の薬局では、「まちかど在宅相談薬局」として、様々な在宅介護に関するご相談を受け付けているところもございますので、どうぞご利用下さい。


Copyright (C) 2000 Saitama Pharmaceutical Association. All rights reserved.