★過去の表紙説明&画像


[表紙写真:ヒガンバナ]

 

[表紙説明]
ヒガンバナ(ヒガンバナ科)
学名 Lycoris radiate Herb
中国原産。別名 曼珠沙華 生薬名 石蒜
 秋の彼岸の頃、路地や墓地など人里近い所に群生して真っ赤な花をつける多年草。花の頃には葉はなく、花の後に根生葉を束生する。燐茎(石蒜)には、リコリンなど多数のアルカロイドを含み、誤食により嘔吐、よだれ等の中毒症状が出る。その症状からか、シタマガリとの別名もある。むくみ、乳腺炎、肩こり等に、すりおろした燐茎を外用する。白い花のシロバナマンジュシャゲは、ヒガンバナとショウキランの雑種と推定される。(薬用植物委員会)

文章:埼玉県薬剤師会雑誌より転載
  (埼玉県薬剤師会薬用植物委員会作成)
写真:秩父ミューズパーク薬用植物園提供


Copyright (C) 2000 Saitama Pharmaceutical Association. All rights reserved.