TOP

薬剤師会紹介

会長挨拶

本会のホームページにアクセスしていただきましてありがとうございます。一般社団法人 埼玉県薬剤師会会長の鯉渕 肇(こいぶち はじめ)です。
本会は、明治28年に創立され、120年の輝かしい歴史をもっており、「薬剤師の倫理の高揚及び学術の振興を図り、薬学及び薬業の進歩発展を図ることにより、県民の健康な生活の確保・向上に寄与すること」を目的として活動しております。
私は、平成27年に会長に選任され、その責任の重さを感じながら2期4年会運営に努めてまいりました。この間、無事に会長職を全うできましたのは、会員の皆様、役員、事務局職員さらには関係諸団体の皆様の御支援の賜物であります。お礼を申し上げます。
さる6月16日開催の第94回定時代議員会及び理事会におきまして、三たび会長に選任されました。
4年前の会長就任当初から、私は「オール薬剤師」は、今後の会の運営の大きな原動力となるものであると申し上げ、目標に掲げて常に使命感をもって会の運営をしてまいりました。薬剤師個々の力を集めてオール薬剤師で事に当たれば、どのような困難にも立ち向かうことができると考えるからです。本会の会員が薬局薬剤師という職域であることから、病院薬剤師とは連携を図り、女性薬剤師会にはその特性を生かして活動していただきたく支援を行い、本会青年部には後輩の育成に努めていただくよう助成を行いました。このオール薬剤師という目標は、各関係団体の方々の御理解と御協力によりまして、大きく前進したと自負しております。今後も、より一層堅固なつながりをもってまいりたいと考えています。
さて、本会会員が減少傾向にある中で本会事業を継続的に推進し、財源の安定的確保に努めるため、昨年度は事務局の集約化を図りました。土呂にあった県薬会館を埼玉県に返還し、県薬会館で行っていた情報センター業務を浦和事務所に統合し、効率的運営体制を整備しました。さらに、委員会活動をより一層円滑に推進するため、組織規程を改正し、委員会の充実を図るとともに職員の担当事業を見直しました。
私の今期の目標は「和」です。令和の時代を迎え気分が一新されましたが、医療、薬業を取り巻く環境はさらに厳しくなります。これからの「かかりつけ医療」を目指すためには、地域の力・行動が重要な鍵となります。新たな元号が示すように、各地域薬剤師会が各々の地域で努力して大輪の花を咲かせ、究極には和を以て一つの会としてまとまり大きな力となる。私は、そのために最大限協力できる埼玉県薬剤師会をつくり、次の世代に引き継ぎたいと考えております。
関係機関、関係団体と連携し、地域薬剤師会の皆様と一致団結して取り組んでまいりますので、引き続き皆様の御支援、御協力をお願い申し上げます。

鯉 渕   肇

   歴代会長一覧

薬剤師会紹介
◇事務局概要と業務体制を紹介いたします。
 一般社団法人埼玉県薬剤師会は、当会の目的である、薬剤師の倫理の高揚及び学術の振興を図り、薬学及び薬業の進歩発展を図ることにより、県民の健康な生活の確保・向上に寄与するための各事業を円滑に運営するために業務を行っております。
 現在事務局職員は、10名体制で、3つの課《総務課・業務第一課・業務第二課(薬事情報センター)》で形成されております。

○主な業務内容
・総務課(4名)・・・・・会員管理(入退会及び変更手続き)、会費の管理 など

・業務第一課(4名)・・・研修会、講習会等の開催 など

・業務第二課(2名)・・・情報収集及び会員等への情報提供 など
(薬事情報センター)

〇所在地
 〒330-0062
 さいたま市浦和区仲町3-5-1
 埼玉県県民健康センター4階
 TEL:048-827-0060(代)
 FAX:048-827-0063

◎薬事情報センター業務
調剤業務、介護制度、保険制度、分業情報等を収集し、会員等に提供するとともに、これらに関する問い合わせに応じています。
また県民の方からもお薬の一般的なご相談やドーピングに関するご相談を受け付けておりますのでご利用ください。
ただし、医療機関において治療中の診断内容に関わることや治療方針に関わることについては相談を受けることができませんのでご了承ください。

  ※薬事情報センターでは、不審な電話や迷惑電話などの問題から、非通知の電話には対応しておりません。
 お問合せの際には非通知設定を解除(電話番号を通知)して、お電話ください。

    問い合わせ電話番号:048-826-7855(直通)

<問い合わせ受付時間> 
 9:00~12:00
13:00~16:00
 ※月曜日から金曜日(祝日は除きます)
※急を要するご相談には即答致しかねる場合もございますのでご了承ください。